2017年4月22日 (土曜日)

狭山丘陵南北縦断 さいたま緑の森博物館から野山北湿地へ

◇日時  2017年4月17日月曜日 9時45分〜15時15分

◇集合 西武池袋線 小手指南口バス乗り場1番 宮寺西行き 荻原下車
◇コース 小手指→荻原→さいたま緑の森博物館→縄竹橋→小判立→野山北・六道山公園管理事務所→野山北湿地→峰バス停
◇案内 佐藤善治さん(森林インストラクター)
◇参加者 9名
新緑が美しい森の中を歩き、足下には春の花々が咲き乱れていました。行き交う人もほとんどないい、大きなモミの木が真っ直ぐに立っている森の中を歩きました。奥深い自然の中に包まれているような空間でした。季節を変えてまた来たいという声が聞かれました。
1案内板

P4171806

2スミレ スミレ科 スミレ属

P4171807_2

3タチイヌノフグリ オオバコ科 クワガタソウ属 帰化植物

P4171815

4キュウリグサ ムラサキ科 キュウリグサ属

P4171820

5オランダフウロ フウロソウ科 オランダフウロソウ属 帰化植物 ガク片は長いトゲ毛

P4171826

6

P4171832

7ニリンソウ キンポウゲ科 イチリンソウ属

P4171835

8ウグイスカグラ スイカズラ科 スイカズラ属

P4171842

9クサボケ バラ科 ボケ属 別名シドミ

P4171851

10スズメノヤリ イグサ科 スズメノヤリ属

P4171853

11-1

P4171859

11-2

P4171862

12マルバスミレ スミレ科 スミレ属

P4171871

13-1セントウソウ セリ科 セントウソウ属

P4171876

13-2

P4171874

14

P4171879

15タネツケバナ アブラナ科タネツケバナ属

P4171889

16スズメノテッポウ イネ科 スズメノテッボウ属 

P4171892

17カンアオイ ウマノスズクサ科 カンアオイ属 葉は濃緑色で光沢無し

P4171902

18チゴユリ イヌサフラン科 ホウチャクソウ属

P4171975

19ヒナスミレ スミレ科 スミレ属 

P4171913

20ニガイチゴ バラ科 キイチゴ属

P4171918

21ミツバツチグリ バラ科 ギムシロ属

P4171921

22アカメガシワ トウダイグサ科 アカメガシワ属

P4171923

23クヌギ ブナ科 コナラ属

P4171927

24

P4171926

25オスグロハバチ?

P4171930

26フデリンドウ リンドウ科 リンドウ属

P4171935

27サルトリイバラ サルトリイバラ科 サルトリイバラ属 散形花序は多数花

P4171941

28ムラサキケマン ケシ科 キケマン属

P4171946

29ヤエムグラ アカネ科 ヤエムグラ属 葉先は針状

P4171951

30ジロボウエンゴサク ケシ科 キケマン属

P4171956

31イカリモンガ チョウ目 イカリモンガ科

P4171963

32-1

P4171968

32-2

P4171967

33

P4171976

34

P4171978

35

P4171979

36ネコノメソウ ユキノシタ科 ネコノメソウ属 葉肢以外ほとんど毛なし

P4172007

37オトコヨウゾメ レンプクソウ科 ガマズミ属 葉は乾燥すると黒変

P4172009

|

2017年3月31日 (金曜日)

無線山のサクラ鑑賞と日本薬科大学の展望台から13号地を望む

暖かい一日、咲き始めの桜を観賞、13号地にある貴重種や手入れの仕方など教えて頂きました。

◇日時 2017年3月31日 木曜日 9時30分〜13時30分
◇集合場所 ニューシャトル 志久駅
◇案内 浅見尚男さん(13号地ボランティアスタッフ)日本薬科大学事務局
◇参加者 11名
◇鳥 シジュウカラ アカゲラ コジュケイ ウグイス コゲラ キジバト ヒヨドリ エナガ オオタカ ツグミ

1コノテガシワ ヒノキ科 ネズコ属      光っているのは蜜かな?バス停で

P3301151

2タチツボスミレ スミレ科 スミレ属

P3301154_2

3ミズキ ミズキ科 サンシュユ属 葉は互生枝は丸い

P3301155

4

P3301157

5

P3301159

6フデリンドウ リンドウ科 リンドウ属

P3301160


7スズメノヤリ イグサ科 スズメノヤリ属 葯は花糸より長い

P3301162


8メマツヨウグサ アカバナ科 マツヨイグサ属 毛の付け根は赤くない

P3301164


9ウグイスカグラ スイカズラ科 スイカズラ属

P3301165


10ヒサカキ ペンタフィラクス科 ヒサカキ属

P3301168


11オオイヌノフグリ オオバコ科 クワガタソウ属 花柄長く15〜25㎜

P3301169


12

P3301170


13-1ソメイヨシノ バラ科 サクラ属 栽培種

P3301171


13-2 エドヒガとオオシマザクラの雑種 ガク筒に開出毛密生 

P3301197


14サワラ  ヒノキ科 ヒノキ属 栽培種

P3301172


15

P3301177


16アリ

P3301178


17シュンラン ラン科 シュンラン属

P3301187


18ゴンズイ ミツバウツギ科 ゴンズイ属 葉は対生 奇数羽状複葉

P3301190


19何かな

P3301193


20

P3301203


21

P3301204


22

P3301205


23カマズミ  レンプクソウ科 カマズミ属

P3301206


24

P3301209


25展望台から

P3301211



| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金曜日)

岩殿丘陵の森と谷津田の秋を歩く

□日時 2016年11月4日金曜日 9時30分〜15時30分

□案内 二宮靖男さん(森林インストラクター)
□コース 高坂駅バス9時40分→大東文化大学下車→物見山公園→埼玉ピースミュージアム→展望台→東松山市民の森→石坂の森(鳩山町)→見晴らしの丘→地球観測センター(昼食)→岩殿谷津田→岩殿観音→大東文化大バス→高坂駅
□参加者 14名
□天気 晴れ
秋を満喫しながら、アップダウンありのコースを歩きました。晴天に感謝したい一日でした。
1カメムシ

Pb043133

2クコ ナス科

Pb043134

3ガマズミ  レンプクソウ科 

Pb043136

4松根油を絞った機械 平和資料館内 許可を得て撮影(撮影加倉井憲一)

P1080904

5展望台からの眺め(撮影 加倉井憲一)

P1080906

6コウヤボウキ キク科 葉の裏に毛あり 頭花は1年枝の先につく

Pb043141

7

Pb043138

8アマチャヅル ウリ科 葉の表面に短毛が見える 実には鉢巻きのような腺あり

Pb043147

9セスジツユムシ

Pb043151

10 ケンオナガヒメバチ♀の仲間・・・タマヌキケンヒメバチと思われるが、羽の紋が確認出来ない。(佐井氏同定)

Pb043161

11

Pb043162

12キノコ

Pb043163

13クルマバッタ

Pb043173

14ツルグミ グミ科 枝先に下向き(逆向き)のトゲ状の分枝あり

Pb043176

15-1キタキチョウ(塘氏同定)

Pb043183

15-2キタキチョウ

Pb043182

16ヤクシソウ キク科

Pb043193

17センブリ リンドウ科 植物体に苦みあり 健胃薬として利用された植物。昔飲まされたとかで話が弾みました。

Pb043187

18

Pb043194

19JAXA

Pb043199

20ヤブムラサキ シソ科

Pb043201

21クサギカメムシ

Pb043203

21-1 ノダケに虫が

Pb043209

21-2虫が止まった

Pb043211

22ヤノネグサ タデ科

Pb043224

23アキノタムラソウ シソ科

Pb043230

24ヤブツルアズキ マメ科 実 小豆の原種

Pb043233

25タコノアシ タコノアシ科

Pb043235

26キカシグサ ミゾハギ科 葉のふちは透明

Pb043243

27アズチグモ

Pb043247

28-1ユウガギク キク科 アズチグモがいるのがわかるかな

Pb043249

28-2

Pb043250

29何スミレかな

Pb043251

30

Pb043253

31ノササゲ マメ科 果実は濃い紫色 花は淡い黄色

Pb043257

32ノハラアザミ キク科

Pb043266

35キジ♀ (撮影 加倉井憲一)

_dsc4731

36岩殿観音 

Pb043274

37ヒロハホウキギク キク科 

Pb043278

(写真メモ 加倉井範子)

|

2016年10月16日 (日曜日)

狭山丘陵の秋を歩く

□日時 2016年10月14日(金) 9時30分〜14時30分

□集合 西武狭山線 西武球場前
□案内 佐藤善治さん(森林インストラクター・2号地ボランティアスタッフ)
□参加費 300円 □参加者7名
□コース 西武球場前→狭山湖霊園→菩提樹池→菩提樹田んぼ→トトロ15号地→トトロ3号地→トラスト2号地→トトロ11号地→北野の谷戸田→トトロ32号地→トラスト2号地→西武球場前 解散
様々なトラスト地が集まる狭山丘陵を歩きました。尾崎豊の墓にも案内して頂き、地元の人ししか通らない小道もあるきました。良い秋の一日になりました。帰りにモミの木の純林があるとの話で盛り上がり来年の企画まで飛び出しました。
佐藤さん情報
狭山丘陵は、武蔵野台地の北西に浮かぶ楕円形の緑の島(広さ3500㌶)埼玉県の所沢市、入間市と東京都東村山市、東大和市、武蔵村山市、瑞穂町にまたがっている。2つの人造湖、狭山湖(山口貯水地池1934年完成)と多摩湖(村山貯水池1927年完成)がある。
①公財トトロふるさと基金40カ所(2016年9月現在 総面積6.2㌶)②公財さいたま緑のトラスト協会3.4㌶(1994年取得)
埼玉県が運営 ・さいたま森の博物館(入間市) 所沢市が運営・狭山丘陵いきものふれあいの里センター 東京都が運営・野山北、六道山公園インフォメーションセンター・狭山公園パークセンター(4、12、16、18、29、30は佐井さん同定)
1ノブドウ ブドウ科 巻きひげは葉と対生

Pa142196

2アオツヅラフジ ツツラフジ科

Pa142197

3尾崎豊の墓(生きること。それは日々を告白してゆくことだろうー放熱への証)命日には花屋かと思うほどたくさんの花が供えられるとのこと。

Pa142198

4足や体に花粉をたっぷりつけた オオハナアブ

Pa142201

5ヤクシソウ キク科

Pa142203

6コウヤボウキ キク科 葉の裏に毛あり 頭花は1年枝の先につく

Pa142207

7オトコヨウゾメ レンプクソウ科 葉は乾燥すると黒変

Pa142210

8アキノキリンソウ キク科 

Pa142219

9センボンヤリ キク科 秋型は閉鎖花のみ クモ

Pa142225

10菩提樹池

Pa142232

11ササクサ イネ科 触るとくっつく理由がアップで分かった 

Pa142240

12ハナビラニカワタケ シロキクラゲ科

Pa142242

13コメナモミ キク科

Pa142245

14かかし

Pa142251

15ベニシジミ

Pa142252

16クロキシタアツバ幼虫 ヤガ科

Pa142258

17コクサグモ

Pa142266

18ヒャクニチソウにイチモンジセセリ

Pa142271

19ママコノシリヌグイ(トゲソバ) タデ科 葉の貴部に葉柄がつく

Pa142272

20タマガヤツリ カヤツリグサ科

Pa142273

21ヒメクグ カヤツリグサ科

Pa142274

22オオカマキリ

Pa142278

23コセンダングサ キク科 舌状花なし 種のトゲに注目

Pa142280

24看板

Pa142287

25-1ノブキ  キク科  雌花

Pa142302

25-2ノブキ キク科牧野日本植物図鑑(1948)には「外部ノ小花ハ雌性ニシテ内部ノ小花ハ雄花ナリ」と書いてあります。

Pa142307

25-3ノブキの実 キク科

Pa142290

26-1シュウカイドウ シュウカイドウ科 雌花は子房下位で子房に翼状の3
稜あり  永井荷風が好きだった花とのこと。

Pa142316

26-2シュウカイドウ  シュウカイドウ科 雌雄同株 雄花はがく2,花弁2 雄しべは多数だが花糸は合生して1本

Pa142313

27クモ

Pa142317

28トラスト2号地

Pa142322

29クサギカメムシ

Pa142328

30-1ミヤマアカネ

Pa142331

30-2

Pa142334

31タウコギ キク科 葉の軸や柄に翼あり 茎は緑色 舌状花なし

Pa142335

32-1キカシグサ ミゾハギ科 葉のふちは透明

Pa142339

32-2キカシグサ ミゾハギ科 雄しべ4個 花柱わずかにあり

Pa142341

33だれかな

Pa142344

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年5月31日 (火曜日)

石坂産業見学

■日時  2016年5月31日(火)9時45分~15時
■天気  晴れ
■コース ふじみ野駅→石坂産業 http://ishizaka-group.co.jp
■案内  石坂産業スタッフの方々
■参加費 見学+送迎+昼食代 2160円 森の保全協力費 500円
■人数  17名

天候に恵まれ気持ちよい一日でした。。年間1000人ほど見学者を受け入れているスタッフの連携したチームワークで対応していただきました。産業廃棄物や森の手入れなど多くの学びがありました。リユース、リサイクル、リデュース、リスペクトの4つのRを進めていきたいとのお話しやゴミの減量化、再資源化が97%であること、残りの3%をあきらめないで努力するという会社としてのプライドを感じました。森の手入れと畑の手入れのスタッフは10名とのことです。トラスト保全活動にも活かせる森の手入れのお話しも聞くことが出来ました。ミニSLに乗り、美味しいお弁当を食べ充実した一日でした。

Dsc_7915

Dsc_7929

Dsc_7931

Dsc_7967

Dsc_7973

Dsc_7977

Dsc_7998

Dsc_8016

Dsc_8018

Dsc_8020

P1040464

Dsc_8061

Dsc_8087

Dsc_8129

Dsc_8138

P1040476

P1040477

P1040480

P1040484

Dsc_8152

| | トラックバック (0)

2016年4月21日 (木曜日)

第60回 トラスト14号地散策とランチ

■日時  2016年4月21日(木)9時~14時20分
■天気  くもり
■コース 鶴瀬駅→三芳町役場7階からトラスト地を眺める→トラスト14号地散策→oimo カフェ→いも街道→旧島田家住宅→ふじみ野 駅

■案内  岡憲一さん  三芳町役場 石崎さん 中村さん 

■人数  11名

曇り空の一日、雨にあうこともなく新緑の中、とても良い散策日和になりました。案内の岡さんのお陰で三芳町役場の方に三芳町の解説やトラスト予定地の案内までしていただきました。おいしいランチを食べ、旧島田家住宅も見学し、ライフバスをうまく利用し、時間ロスのない計画的なコースに皆さん大満足の様子でした。

P1020899

P1020908

P1020915

P1020919

P1020922

P1020927

P1020942

P1020949

P1020950
ピロネ
P1020957

P1020997

P1020977

P1030048

P1020983

|

2016年2月16日 (火曜日)

第59回  大宮公園の梅を観よう

■日時  2016年2月16日(火)9時30分~12時30分
■天気  快晴
■コース 大宮公園駅→盆栽村散策→大宮第2公園観梅
■案内  二宮靖男さん
■人数  11名

青空に梅の花が美しく、最高の梅見日和でした。二宮さんのご好意で資料を掲載してあります。

編 二宮靖男

 ≪サクラとウメはどう違う≫

梅 孤高清楚(ここうせいそ)  清廉高潔(せいれんこうけつ)

   ◇先駆けの花、蕾のなかに開花を見出す余情ある美

   ◇梅は咲くことを楽しむ花

   ◇寒い時期に一輪一輪咲く

   ◇疎影横斜(そえいおうしや)  横斜疎痩(おうしやそそう)

桜 絢爛豪華(けんらんごうか)  艶麗華俗(えんれいかぞく)

   ◇今を盛りとばかりの満開の美

   ◇桜は散るを惜しむ花

   ◇桜は暖かくなって一気に咲く   

   ◇桜はパッと咲く満開の美

※「梅は蕾の中に開花を見出す余剰ある美、桜は今を盛りとばかりのの満開の美」  は華道家、花人「川瀬敏郎」の言葉

 ≪植物の性質、取扱い、花木としての文化史的側面から考察≫

 〇梅は一花、桜は群花の美     

○梅の馥郁たる香りも観梅の楽しみの一つ、桜の匂いを慕ってふつう花見には行かない。(オオシマザクラ、駿河台匂、千里香、上匂という匂い豊かなサクラもあるが。)

〇梅は文の花(公文木・学問の木)、桜は武の花(「花は桜木人は武士」)

〇「梅は正妻、桜は愛人」(『失楽園』を書いた作家渡辺淳一のことば)

〇梅は老幹の年輪、横斜疎痩、疎影横斜、幹立ちの姿、枝配りも観賞の対象、

  桜は群植してこそ効果、盆栽にはどんな梅でも良いが、桜ではフジザクラ(マメザクラ)が用いられるくらい。梅には「盆花」「盆梅」ということばもある。

〇梅の花芽の最適成長温度10℃、桜は16~17℃、休眠打破の温度が異なる。

〇梅は移植が容易、桜は難しい。ウメの萌芽力、桜は弱い。

〇梅は剪定に強いが、桜は剪定すると病気になりやすい(桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿)。

〇梅は材が堅いので接ぎ木が難しい。一方、桜は容易である。

〇梅の花は柄がほとんどないが、桜の花は長い柄がある。

〇梅は一つの花芽から一つの花を咲かせ(花芽が1節に1個)なので疎々としているが、桜は花芽が房状についているので花数が多く華やかである。

〇梅は花柄がないので、枝にくっつくように花が咲く。桜は花柄が非常に長いので枝からこぼれんばかりに花が咲く。

〇梅は花びらの先が丸いが、桜は花びらの先が割れている。

 ※参考文献「樹木の個性を知る、生活を知る」生原喜久雄ほか

ウメの園芸分類

1.野梅(やばい)

 樹勢が強く、枝は細かく伸び、葉は小さい。早咲きのものが多く枝の断面は白色となる。

1-① 野梅性(やぱいしょう)

枝が細かく密生、短枝が針状になることも。新梢は緑色で後に日焼けして赤みを帯びる。葉は比較的小型で軟毛がある。早咲きが多く一重、八重があり、香りも高く盆栽用に向く。

■主な品種 冬至、八重寒紅、 白加賀、八重野梅、曙枝垂、見驚、野梅、満月、玉牡丹、新冬至、白滝枝垂、茶筅梅、塒出の鷹、紅冬至、雪月花、田子の浦、小梅 道知辺など

1-② 青軸性(あおじくしょう)                     新梢が常に緑色。尊(がく)が緑色で、花は青白色。

■主な品種月影、月の桂、緑蕚、緑蕚枝垂、大輪緑尊、金獅子など。

1-③ 紅筆性(べにふでしょう)

枝と葉は野梅性と同じ。蓄が毛筆の穂先のように尖り紅色になる。枝の節が高くなる。

・主な品種 内裏、紅筆、八重海巣、五彩梅、書屋の蝶など   

1-④ 難波性(なんぱしょう)                

樹は比較的倭性(わいせい)で枝は野梅性とほぼ同じ。葉はやや丸い。挿し木、取り木、接ぎ木などの繁殖が比較的容易。接ぎ木用の台木に利用できる。

■主な品種 故郷の錦、難波紅、浮牡丹、玉拳、白難波、春日野、思いのまま、など。

2.紅梅系(こうばいけい)

樹勢はやや弱く、材は紅色で新梢も赤みを帯びる。枝は細く蜜に出る。

2-①紅梅性にこうばいしょう)                     

 枝が細かく分枝する。葉柄が濃紅色。材は花色に関係なく紅色。

 ■主な品種大盃、鹿児島紅、紅千鳥、鴛鴦(えんおう)、玉光、緋の司、八重唐梅、蘇芳梅、関守、森の関、紅牡丹、蓮久、雪の曙(花は白)、雪灯龍(白花に近い)

3. 豊後系(ぶんごけい)

3-① 豊後性(ぶんごしょう)

 杏(あんず)との雑種と推定される。枝は太く疎性。葉は大きく円形、ふつう毛がある。

花の香りは乏しく、蕚は花弁に対して反り返る。庭植えに向く。耐寒性が強い。

■主な品種 豊後、藤牡丹枝垂、開運、白牡丹、未開紅、楊貴妃、滄溟の月、武蔵野など

3-② 杏性(あんずしょう)

 アンズとの雑種と推定。枝は豊後性に似るが、やや細く葉も小さい。葉は無毛で秋に美しく紅葉する。花期が遅く香りも乏しい。庭植えに向く。

■主な品種 記念、八朔、獅子頭、千歳菊、桜梅、江南所無、淋子梅、黒田、などP1020163

大宮公園駅前で準備体操P1020165
盆栽村を見学

P1020176

P1020178

P1020182

P1020185

P1020189

P1020192

P1020197

P1020206

P1020208

P1020225

_dsc2117

_dsc2120

_dsc2134

_dsc2138

|

2015年6月 1日 (月曜日)

58回  5号地でトラスト地の保全活用について考えよう

■日時  2015年6月1日(月)10時~13時
■天気  快晴
■コース トラスト5号地および周辺
■案内  塘久夫さん
■人数  6名
 大宮台地の東端の山崎山は、低地でありながら台地の環境もあり、多くの希少種が生息しています。今回は埼玉昆虫談話会の塘さんに案内していただきました。チョウトンボ、コシアキトンボ、オオヤマトンボが早速現れ、チョウトンボの羽の美しさを皆で観賞しました。5号地の保全活用基本方針
平成14年環境報告書を塘さんが抜粋し、下記のようにまとめてくださいました。
1.樹林と生物多様性の確保
2.森の資源の利活用
3.自然観察等森林レクリエーション機能
5号地では子どもたちにふるさと納税で手入れした森での植林体験やツリークライミングなども行っています。ボランティア作成のいすやテーブルなどもあり、活動の様子を垣間見ることが出来ました。ほっつけ田も案内していただきました。暑い一日でしたが、木陰にたたずむと涼しい風が吹き抜け気持ちの良い一日でした。他に観察したもの オオヨシキリ、ベニシジミ、アカボシゴマダラ、テングチョウ、オオヒラタシデムシ、イチモンジセセリ、サトキマダラヒカゲ、シオカラトンボ、ナガサキアゲハ、アメリカザリガニ、トウキョウダルマガエルのオタマジャクシ、ウシガエル(声)など。

P6010279

P6010282

P6010284

P6010285

P6010293

P6010297

Dsc_6420
ホタルガ

Dsc_636122
シオカラトンボ   メス                オス

» 続きを読む

|

2015年5月 8日 (金曜日)

糀谷八幡湿地からクロスケの家へ 狭山丘陵の春を歩く

■日時  2015年5月8日(月)10時~15時30分
■天気  快晴
■コース 小手指駅→糀谷→八幡湿地→山乃神社→トトロ13号地→比良の丘→昼食→砂川掘源流→金仙寺→トトロ5号地→和幸の森→クロスケの家→小手指解散  ■参加人数  6名  

■案内 佐藤善治さん

夏を思わせる一日でした。この地区に詳しい佐藤さんの案内で、とっておきの狭山丘陵を歩きました。標高170メートルの比良の丘での気持ちよい風を受けながらの昼食、ホウノキやニセアカシヤの花の香、新緑の美しさを感じながらの散策になりました。最後に訪れたクロスケの家では、トトロ財団の方の説明を受けました。至る所に真っ黒クロスケやトトロがいて、自然保護には物語が大きな役割を果たしていることを感じた観察会になりました。

P5080238

P5080243

Rimg1046

Rimg1101


P5080255

P5080259

P5080288

Rimg1116

Rimg1125

P5080293

P5080296

P5080336

Rimg1138

|

2015年4月21日 (火曜日)

スミレ咲くトラスト7号地

■日時  2015年4月20日(月)9時30分~14時 
■天気  くもりときどき雨
■コース 久伊豆神社→赤坂沼→トラスト7号地→神亀酒造  
■参加人数  5名  
■案内 木村さん・黒須さん・松尾さん・7号地代表小峯先生
曇り空でしたが、7号地のメンバーの方々の案内で、7号地周辺の田んぼや沼を巡りました。7号地の森の手入れのコツなどもお聞きして参考になった観察会でした。

Rimg0860

Rimg0862

Rimg0866

Rimg0870

Rimg0872

Rimg0877

Rimg0879

Rimg0882

Rimg0886

Rimg0889

Rimg0890

Rimg0891

Rimg0895

Rimg0900

Rimg0901

Rimg0903

Rimg0908

Rimg0912

Rimg0920

» 続きを読む

|

«日比谷公園